太鼓腹 ダイエット

夏場は得に薄着なのでぽっこりお腹を隠しにくい
ですよね。

私はぽっこりしたお腹を引っ込めるために色々
チャレンジしても継続できなかったりして本当に
困っています。

太鼓腹ダイエットとは?

ぽっこりお腹には太鼓腹とよばれているものが
あります。

今回は太鼓腹の原因や改善方法について記事
を書いていきます。
正しい方法でお腹の脂肪を落としましょうね。

太鼓腹の原因とは

一度ついてしまったい腹のお肉がつくとなかなか
落ちないですよね。

私も今、悩まされています。

お腹周りに脂肪がつき、ぽっこりお腹で悩んで
いる人は本当に多いと思います。

太鼓腹の特徴はお腹がパンパンにふくれて
います。

原因は内臓脂肪や腹筋の衰えです。

対策としては腹筋の強化しカロリーのコントロール
をする必要があります。

太鼓腹の改善方法

・内臓脂肪の落とし方

太鼓腹タイプの原因の一つは内臓脂肪です。

内臓脂肪は腹筋だけで減らすことは難しいです。

内臓脂肪は体につきやすく減らしやすいという特徴

があります。

内臓脂肪を燃焼させるには生活習慣を見直すのが

一番です。

運動だけは無理があるので、食事によるカロリー制限

や適度に動かしたりすることが大事です。

炊事や洗濯、ガーデニングなどでもエネルギーは消費

し内臓脂肪が燃焼するので太鼓腹の改善になります。

日常の生活では駅のホームでは階段を使ったり、食べ方

でいうと野菜サラダから食べるようにするとか30回

以上よく噛んで食べるということを心がけていくのが

いいと思います。

小さな行動、積み重ねがとっても大事なんです。

ダイエットの初心者ほど、DVDでの運動や、毎朝

ランニングなど無理な計画をしてしまう傾向が

あります。

そうすると私のように継続せず失敗するということに

なります。

まずは身近な小さなことからダイエットにチャレンジ

しましょうね。

ぽっこりお腹、太鼓腹で重要なことはインナーマッスル
です。

ピラティスなどで、深部の筋肉を鍛えるのが良いそう
です。

昔、ブームになった美木良介さんのロングブレス

ダイエットはぽっこりしたお腹に効くといわれて

います。

ロングブレスダイエットはお腹を主にして全身に力

入れて行う呼吸法です。

インナーマッスルを刺激するので、筋肉の温度が

アップします。

そうすることで内臓の周りの脂肪が落ちてぽっこりお腹
が改善されます。

ロングブレスダイエットをすることで、腹横筋(横腹)

下腹も鍛えられてお腹が引っ込みます。

また太鼓腹の原因の一つは腹筋の衰えです。

腹筋の衰えには腹筋をきたえることが大事です。

簡単にできる腹筋を紹介します。

まず床にあお向けになり、胸の前で両腕をクロスします。

膝を90度になるように曲げます。

それから90度を保ち、足をあげ太ももとお腹の角度
も90度にします。

この体勢から両肘をふとももにつけ、5秒キープします。
5秒経ったらゆっくり基本の体勢にもどります。

これを繰り返します。

太鼓腹ダイエット いかがでしたか?

まずは生活習慣を見直して小さな行動から

はじめましょう。